銘柄紹介:Activision Blizzard(NASDAQ:ATVI)

個別銘柄
Pocket

こんにちは。

駐在サラリーマン@米国です。

 

コロナ禍の先行きが多少見えてきた気もしますが、いかがお過ごしでしょうか?

 

今回は、巣ごもりにぴったりなゲーム会社銘柄、Activision Blizzard(NASDAQ:ATVI)を紹介します!

Activision Blizzard(NASDAQ:ATVI)とは?

一言で言うと、「多数の人気ゲームを手がけているアメリカ(サンフランシスコ)のゲームソフト会社」です。

ビデオゲーム機、PC、モバイル、とそれぞれのゲームプラットフォームにゲームソフトを提供しています。

有名なゲームソフトですと、コール オブ デューティー シリーズ、ウォークラフトシリーズ、スタークラフトシリーズとかです。

(Activision Blizzard HPより参照)

Activision Blizzard(NASDAQ:ATVI)近況

Activision Blizzard(NASDAQ:ATVI)が手掛けているゲーム大会の今後の運営方法を模索してはいますが、売上そのものは強く推移しています。

 

コロナ禍による自宅待機の広がりによって、ゲームをするユーザー数や、ゲームにいそしむ時間が増えたことによる影響です。

 

代表作であるコールオブデューティーに関して言うと、2019年後半にリリースされたコールオブデューティー:モダンウォーフェア、今年3月10日にリリースされたコールオブデューティー:ウォーゾーン、双方とも成功に終わっています。

(コールオブデューティー:モダンウォーフェア HPより参照)

(コールオブデューティー:ウォーゾーン HPより参照)

 

2019年の顧客ベースは、前年度比較で倍以上(4,100万ユーザーから1億200万ユーザーへ増加)に増加しています。

 

2020年も、コールオブデューティー:ウォーゾーンだけでも、6,000万ユーザーを超えているため、堅調なユーザー数の増加が期待できます。

 

また、営業利益も売上の35%程度となっており、一年前の水準(23%)を上回っており堅調です。

投資すべき?

Activision Blizzard(NASDAQ:ATVI)は、コロナ禍にありながらも比較的堅調に事業運営できている企業であると言えます。

 

当然に、コロナ禍の影響が全くないわけではなく、ビジネスリスクはついて回りますし、そうした事業環境へ対応するための追加投資も必要になってくる恐れもあります。

 

一方で、コールオブデューティーをはじめとしたゲームポートフォリオは堅く、デニス・ダーキンCFOも、保守的に事業運営をしていく旨を表明しているため、投資家としては比較的安心して投資できる銘柄の一つと考えます。

(Bloomberg Newsより参照)

コメント

タイトルとURLをコピーしました